年代と古銭の価値の関係はどうなっているか

人類が物々交換をやめ、貨幣によって経済取引をするようになってから数千年が経とうとしています。そのため歴史上作られてきた通貨は多く、現在では残っている物が収集の対象となっています。このように古銭と言っても、発行された年代の幅が広いのが特徴ですが、年代と古銭の価格はどういった関係にあるのでしょうか。一般に、古銭の価格は発行された年代が古いほど価値が高くなります、理由は単純で、それが珍しいからです。昔は貨幣の鋳造技術が低かったため、製造する数にも限りがあったのです。つまり、全体の流通量が少ないということで価値が高くなります。そして古い物であるため、状態が良い物となると歴史的価値が付加され、さらに価値が上がります。そのため、発行された年代が古いほど貨幣の流通量が少なくなるため、古銭の価値は跳ね上がります。そして、奇跡的に良い状態で残っている物は、それにプレミアがついて、価格に反映されていくということになります。なお、古銭は、同じように見えるものでも、微妙な違いで発行年代が異なっている場合もあります。したがって、正確な価値を知りたいときは古銭を鑑定に出すと良いでしょう。
topへ